写メで決まる?風俗の面接で受かる写真にするコツ

風俗店で採用されるコツ

自分で撮影しなければいけない場合

希望の風俗店で働くために

面接に落ちたら、希望のお店で働けなくなってしまいます。
自分で撮影する際は光の量に注目してください。
画面全体が暗いと、表情も暗く見えてしまいます。
すると陰気な印象を与えるので、不採用になるかもしれません。
風俗店の仕事は接客業です。
そのため、明るい性格の人を募集しています。
明るい場所で撮影しましょう。

場所を変えても画面の明るさが変わらない場合は、カメラで光の量を調整してください。
デジタルカメラやアイホンカメラ、一眼レフカメラなら光の量を自由に調整できます。
明るすぎると何が写っているのかわからないので、ちょうど良い量にしてください。
細かく設定を変えることで、満足できる写真になるでしょう。
まずは、設定を変えてください。

印象が良く見える角度

人間の顔は、ほとんど左右非対称になっています。
ですから右から見た時と、左から見た時とでは印象が変わります。
どちらから見た時が最も印象が良く見えるのか調べてください。
少しでもよく見えるように、自分に合う角度を発見することも大事です。
また、笑顔になることは基本です。
真剣な印象を与えたいかもしれませんが、真顔は怖いと思われることが多いです。
笑った買顔を見せて、信頼性が高いことをアピールしましょう。

全身の写真を撮影する場合は、足が長く見えるポーズをとるのも良い方法です。
足をクロスさせて立つことで、長く見えます。
工夫すればコンプレックスを解消することもできるので、良いポーズを調べてください。
細く見えるよう、腰に手を当てるのもおすすめです。


この記事をシェアする